結婚式の女性の服装

日常では着られない華やかな衣装に、張り切りすぎてしまう方も多いでしょう。しかし、女性の服装には注意するポイントが多く、ドレスの色や露出度、靴やアクセサリーまで気を遣わなければなりません。正しいマナーを知って、TPOに合ったコーディネートを選びましょう!

結婚式の男性の服装

結婚式に呼ばれたら?スーツの色の選び方

結婚式に招待される男性ゲストの服装で、正解なのはダークカラーのスーツです。その日の主役である新郎新婦が身につける白を選ぶのはもちろんNGですが、明るい色のスーツや柄物のスーツも目立ち過ぎてしまうた…

Learn more

結婚式のゲストは、ネクタイ選びが最重要!

結婚式のネクタイで悩むなら、基本に忠実にしておくと無難です。基本的にはお祝いの席ですので、白いネクタイをするのが普通です。若い人だと明るい色物や柄物を選ぶこともあり、深くこだわらないこともあります…

Learn more

男性の結婚式参列なら!靴と靴下選びのマナー

結婚式では黒の革靴が無難。デザインはシンプルに

結婚式などフォーマルな場では革靴を履くのがマナーとして一般的です。また靴の色は黒が無難でしょう。礼服と合わせても浮きませんし、なにより見た目がキッチリして見えます。茶色など他の色だと、どうしてもカジュアルに見えてしまうんですよね。同じくブーツやスニーカーなど、それ自体カジュアルなデザインの靴は結婚式に不向き。主役である新郎新婦のためにも、式に招待されたらまずは革靴の用意をしましょう。 最もフォーマルな場に相応しいとされる革靴は「ストレートチップ」。爪先に横一列の線が入っているものです。加えて、靴の羽(靴紐が通っている部分)が内側に縫い付けられた「内羽式」であれば言うこと無しです。靴の素材は「殺生を連想させない」という理由から、動物の革以外(エナメルや合皮など)が好まれます。最近は本革でもOKという声も広まりつつありますが、せめて動物を露骨に連想させるアニマル柄だけは避けたいものです。

靴下は黒っぽい無地のロング丈を

例えば暗色のスーツに真っ白い靴下、これはかなり目立ちます。ワンポイントや柄の入った靴下も、カジュアルに見えてしまうのでNGです。結婚式に参列するなら、やはり靴下も黒か濃紺など暗色系が一番。「靴とズボンに隠れてるから靴下は見えないんじゃない?」と思う人もいるでしょうが、これが案外見えるんです。椅子に座った時などは特にそう。同じく、くるぶしや足首の見えるようなショート丈の靴下も相応しくありません。結婚式や昼間の披露宴では、肌を不要に露出した服装が好まれていないためです。ただし式後の二次会やパーティー形式の披露宴なら、デザインに凝った靴下でもOKでしょう。靴と違って簡単に持ち運べるので、バッグに替え用の靴下を忍ばせておくと良さそうです。

格安結婚式のメリット

格安結婚式には、費用が安いということ以外にも、結婚式の準備が楽であるというメリットがあります。また、少人数であるため、アットホームな結婚式ができる点も大きなメリットです。