結婚式に呼ばれたら?スーツの色の選び方

ダークカラーのスーツが正解!

結婚式に招待される男性ゲストの服装で、正解なのはダークカラーのスーツです。その日の主役である新郎新婦が身につける白を選ぶのはもちろんNGですが、明るい色のスーツや柄物のスーツも目立ち過ぎてしまうためNGです。黒や濃い目のグレーなど、落ち着いた色味のスーツを選びましょう。
注意したいのはネクタイの色。目立つことを避けるためにとこちらまでダークカラーを選んでしまうと、せっかくの華やかなお祝いの席に不釣り合いです。写真を撮る機会も多いので、ピンクやブルーなど明るめの色を選ぶと華やかで良いでしょう。柄物の場合は細かい柄を選ぶようにしてください。ネクタイに白を選ぶのは問題ないので、何色を選べばいいかわからないという場合は無難に白いネクタイをチョイスしてみてください。

カラーシャツやポケットチーフでセンスよく

ダークカラーのスーツを華やかに見せてくれるのはネクタイだけではありません。シャツやポケットチーフもお祝いの席にふさわしい華やかさを演出するアイテムです。格式高いパーティの場合は無難に白のシャツを選ぶ方がよいですが、そうでなければ淡いパステルカラーや薄いストライプなどのシャツを選んでもOKですよ。
また、ポケットチーフはネクタイの色とあわせると統一感がでます。ビジネススーツしか持っていない場合でもポケットチーフを添えるだけでお祝いの席に相応しい華やかな印象になります。
意外と見落としがちな靴下も要注意。靴と同じ色を選び、くるぶしが出ない丈のものを身につけましょう。靴やベルトは革製のものが良いですが、動物の殺生を連想させるヘビ柄などはNG。選ぶときに気をつけてください。