もうすぐ結婚式?ドレスマナーは色と形に注意!

女性のドレスのNGマナー

結婚式に招待されたら、気を使うのがドレスだと思います。フォーマルシーンに合わせたドレスを着ることはマナーと言えますが、避けるべき色や形があるためそれを踏まえてドレス選びをすることが大切です。
まず、NGとなるのが白色のドレスです。結婚式で白をきていいのは花嫁だけですので、主役である花嫁の邪魔ならないような色選びをします。また、ベージュや薄い黄色なども写真写りによっては白く見えてしまうため避けたほうが無難です。
ドレスの形も注意が必要です。露出の多いものはマナー違反となってしまうため、体の線がはっきり出てしまったり極端に露出度の高いもの、丈の短いドレスもふさわしくないため避けるようにします。
そのほか、殺生をイメージする動物柄や革製品、ファーや毛皮もマナー違反となります。

式場タイプや時間によって変わるドレス選び

結婚式はフォーマルウェアで参加することがマナーですが、式場のタイプや挙式の時間帯によって着用すべきドレスは変わってきます。式場や時間帯に合わせてドレス選びをすることが大切です。
まず、昼の結婚式であれば正礼装として着るのがアフタヌーンドレスです。シンプルで上品なドレスが多く、生地はの素材は無地で光沢があまりなく派手過ぎないのが特徴です。
夜の結婚式ならイブニングドレスを着用します。アフタヌーンドレスとは違い露出したデザインがフォーマルとされているため、イブニングドレスの場合には下品にならない程度の露出が許されます。
他にも、準礼装や略礼装、和装などもありますが、式場のタイプに合わせて選んでいくことがオススメです。